鉄板の1号艇(2018年9月13日)

2018年9月13日、鉄板の1号艇です。
過去のレースデータから高勝率で勝つと思われる選手を取り上げています。トータル勝率7割程度を想定して舟券の参考にお役立て下さい

スポンサーリンク
スポンサードリンク

2018年9月13日(木)の鉄板1号艇です

過去のレースデータから高勝率で勝つと思われる選手を取り上げています。
ただし強風が吹いたり、どういう訳か全国的にインが弱くなる日というのが存在しますので連敗する事もあります。過剰な投票は避けて舟券は自己責任でお楽しみ下さい。
過去の鉄板の1号艇集計結果はこちら

1日1R特に堅いと思うレース
昨日は蒲郡12R柳沢一選手を取り上げたのですが無事1着。
これで9月は12戦9勝1返還となりました。

ただランキングで取り上げた買い目の方は残念ながらはずれ・・・外2人どっちか来ると思ったんですがねえ、残念><

さて本日ですけど、本当ならもっとも堅いと思う1号艇は徳山2R(しかも激レアパターンに該当)
でも朝のレース取り上げてもしょうがないので他のレースで・・・

本日最も堅そうな1号艇は下関10Rの三好勇人選手にしました。
柳沢選手はイン戦近10走で8勝、下関のインは以前は苦手っぽかったですが現在は4連勝中。
36号機もズバ抜けていいモーターではありませんが、準優は好内容の3着でした。
買い目はこの8点で今日こそ的中目指します! → 下関10R3連単8点買い目は人気ブログランキングへ

PR

蒲郡

06R 17:28
07R 17:56

びわこ

10R 15:22

徳山

02R 09:21

下関

10R 19:43

【PR】競艇で勝ち続ける方法はあるのか?調べてみました

みなさんは何を参考に予想していますか?

僕は毎回、HPや展示タイムを見て予想してきましたが月間収支がどうにもプラスになりません。

週間収支さえも、毎週のようにマイナスになるので心が折れそうになった事もあります。

このままじゃ、ホントに家計がやばいと思って

「競艇で勝ち続ける方法」を調べまくりました!

その結果、ある一つの答えにたどり着いたのですがそれは、

「予想で本当に大事な事は出走表ではわからない。」

ということです。

自分で予想するとどうしても人気順に近い予想になってしまう。

だけど人と同じ事を考えていては儲からないワケです。

僕が使えるお金は1日3,000円投資、月間予算が9万円程度。

少ない投資で勝ち続ける!これが僕の目標でした。

そこで先にお教えしますが
この競艇サイトを参考にしてから、1年間プラスです!

初めの1ヶ月でわかりました。これは使えると!

やっと今までと流れが変わってきました!

競艇は勝つ為に必要な情報はたくさんあります。

今調子がいい選手は誰なのか?

今日の勝負駆けは誰なのか?

事故点いっぱいで無理しない選手は?

いいモーターは?

今日の有利なコースは?

勝ちやすいレースはどれ?

皆さんはどれだけ把握できてますか?

仕事の合間、スマホ片手で楽しむ僕には到底把握しきれません。

そこで初めてこの競艇サイトに身を預けてみたんです。

それからというもの最高に気分がよかったです!
以前はず~っとマイナスだったのに、今では毎月プラスで終えてるんですから!

4月はちょっと高い焼肉食べに行って、5月は嫁と娘と一緒にディズニー宿泊してきました!
超高かった(笑
実は、5月に初めて3連単コロガシのキャンペーンにチャレンジしてみたら、
給料の3倍くらいの配当を手に入れちゃいまして・・・これは嫁にはナイショね

そして忘れもしない2017年6月・・・とうとう爆裂的中しました!
第27回グランドチャンピオンは僕にとってのメモリアル大会!
この時は150万以上勝ちました!
そしてとうとう・・・競艇やってることが嫁にばれました(笑

今では休みの日は一応家族サービスを優先しつつ
でも家族で温泉旅行の合間にスマホで競艇を楽しんだりもしてますよ!

これからも勝てるうちに、どんどん稼いでいきたいですね!

僕と同じような境遇の人、もしくはちょっと資金を増やしたい人、

試しにこの競艇サイトの無料予想を使ってみるといいですよ

無料だからといって手抜きはなし!

的確な予想を出してくれるので、
まずはそこから試してみるのがおススメです!

登録後にメールが届きますので確認のURLをクリックすると利用できます
当たり前ですけど登録しただけでお金が掛かる事はもちろんありませんし
おかしな請求が来たりする事もないのでその辺も心配いりません(笑

※初心者ガイドや競艇とは何かの説明もあって
誰にでも使いやすいサイトになっているので、おススメです!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする