【芦屋競艇】G1九州地区選手権競走初日の予想をちょっとだけ

本日芦屋競艇場で開幕するG1九州地区選手権競走初日の予想から面白そうなとこを少しだけ参戦してみます。九州地区は前づけ選手が多いので波乱含みな気がしますがどうでしょうね~

スポンサーリンク
スポンサードリンク

本日は芦屋G1他の予想です!

ドリームは峰選手から買えば当たりそうですが、水面状況もわからないのでパスします、すみません。

芦屋03R

◎3松村    敏
3連単 3 → 全 → 全 / 1 → 3 → 全

石川選手が前づけ、カド一撃得意な松村敏選手の頭期待。

芦屋06R

◎3高倉  和士
3連単 3 → 1 ⇔ 全

上野選手の48号機はインから10連勝中のモーターですが、ここも壊し屋今村選手が前づけ。
センター高倉選手の捲くりを期待です!

大村10R

◎1新田  泰章
3連単 1 → 23 → 全

大村10R当たれば4ケタ配当は間違いない?3連単6点買い目は人気ブログランキングへ

本日最も堅そうなレースで選んだのがこれ。
新田選手のイン戦は近10走で9勝と好成績。
弱気なコメントを出してますけど13号機は前節も握って回った時にかなりいい足をしてましたのでここから。
そしてここはなかなかの好モーターが揃ったのですが、穴人気しそうな後藤孝義選手のコース取りが鍵を握りそう。
55号機でも6コースになると厳しいかなと見てまして、私は進入も枠なりになると予想しました。
相手はおそらくあまり人気にならない選手で前節後半かなりいいトコがあったモーターの選手を。
今週3ケタ配当ばかり続いたんでそろそろちょっと美味しい配当当てたいです。。。

【PR】競艇で勝ち続ける方法はあるのか?調べてみました

みなさんは何を参考に予想していますか?

僕は毎回、HPや展示タイムを見て予想してきましたが月間収支がどうにもプラスになりません。

週間収支さえも、毎週のようにマイナスになるので心が折れそうになった事もあります。

このままじゃ、ホントに家計がやばいと思って

「競艇で勝ち続ける方法」を調べまくりました!

その結果、ある一つの答えにたどり着いたのですがそれは、

「予想で本当に大事な事は出走表ではわからない。」

ということです。

自分で予想するとどうしても人気順に近い予想になってしまう。

だけど人と同じ事を考えていては儲からないワケです。

僕が使えるお金は1日3,000円投資、月間予算が9万円程度。

少ない投資で勝ち続ける!これが僕の目標でした。

そこで先にお教えしますが
この競艇サイトを参考にしてから、1年間プラスです!

初めの1ヶ月でわかりました。これは使えると!

やっと今までと流れが変わってきました!

競艇は勝つ為に必要な情報はたくさんあります。

今調子がいい選手は誰なのか?

今日の勝負駆けは誰なのか?

事故点いっぱいで無理しない選手は?

いいモーターは?

今日の有利なコースは?

勝ちやすいレースはどれ?

皆さんはどれだけ把握できてますか?

仕事の合間、スマホ片手で楽しむ僕には到底把握しきれません。

そこで初めてこの競艇サイトに身を預けてみたんです。

それからというもの最高に気分がよかったです!
以前はず~っとマイナスだったのに、今では毎月プラスで終えてるんですから!

4月はちょっと高い焼肉食べに行って、5月は嫁と娘と一緒にディズニー宿泊してきました!
超高かった(笑
実は、5月に初めて3連単コロガシのキャンペーンにチャレンジしてみたら、
給料の3倍くらいの配当を手に入れちゃいまして・・・これは嫁にはナイショね

そして忘れもしない2017年6月・・・とうとう爆裂的中しました!
第27回グランドチャンピオンは僕にとってのメモリアル大会!
この時は150万以上勝ちました!
そしてとうとう・・・競艇やってることが嫁にばれました(笑

今では休みの日は一応家族サービスを優先しつつ
でも家族で温泉旅行の合間にスマホで競艇を楽しんだりもしてますよ!

これからも勝てるうちに、どんどん稼いでいきたいですね!

僕と同じような境遇の人、もしくはちょっと資金を増やしたい人、

試しにこの競艇サイトの無料予想を使ってみるといいですよ

無料だからといって手抜きはなし!

的確な予想を出してくれるので、
まずはそこから試してみるのがおススメです!

登録後にメールが届きますので確認のURLをクリックすると利用できます
当たり前ですけど登録しただけでお金が掛かる事はもちろんありませんし
おかしな請求が来たりする事もないのでその辺も心配いりません(笑

※初心者ガイドや競艇とは何かの説明もあって
誰にでも使いやすいサイトになっているので、おススメです!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする