SGボートレースクラシック優勝戦予想(2018年3月21日/浜名湖競艇場)

2018年3月21日浜名湖競艇場で行われるSGボートレースクラシック優勝戦、2年連続的中目指して予想をしてみました。
ボートレースクラシックは過去10年で1号艇が8勝しているのですが、大レースの優勝戦では逃げ、まくり、抜きと決まり手が豊富な浜名湖という事で結構難しいですね。。。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

SGボートレースクラシック優勝戦の予想

スーパーエース機47号機を手に3連勝で優出してきた岡崎恭裕選手。
旧総理大臣杯を含めてボートレースクラシックはここ10年で1号艇は8勝してるのですが、敗れた2回の内1回は2007年平和島で植木通彦選手がインからFを切ってのもので、あとの1回は2010年も平和島で岡崎恭裕選手がピット離れで遅れてインを取れなかった時のもの。

2010年総理大臣杯

この年は山口剛選手にインを奪われたのですが、2マークで先頭に追い付くんですけど、結局2周1マークを濱野谷選手と競ってしまって逆転で山口剛選手が優勝したんですよね。
しかし同年浜名湖で行われた笹川賞優勝戦では山口剛選手と再戦する事になりました。

2010年笹川賞

この時は6号艇でしたが5コースから、内の山口剛選手を直で叩いての捲くり差し!
あんな狭いところに突っ込んでいくなんて、鳥肌ものの凄いターンでした。

今日は舞台が再び浜名湖という事で、しかもスーパーエース機を手にしての優勝戦。岡崎選手◎もかなり考えたのですが・・・

PR

浜名湖12R優勝戦

◎1白井  英治
◯4瓜生  正義
3連単
1 → 4 ⇔ 23

◎は白井英治選手にしました。
白井選手は2016年以降優勝戦1号艇は14回あってその内11回優勝。
優勝できなかった3回は2コースか3コースがスタートで凹んだものと、前づけがあって進入が深くなってのもの。
今日は枠なり123/456になりそうですし、2号艇井口選手、3号艇岡崎選手なら内寄りはスタートも揃いそうなのでそれなら白井選手かなあという結論です。

逆に戦いにくそうなのが岡崎選手の方で、2コースが井口選手の上を捲くり差しというのはちょっと難しいのかなと。4コースが同じ福岡の瓜生選手という事を考えてもここは1マーク捲くりにいくんじゃないでしょうか。
で、◯は岡崎選手マークから差せる4号艇瓜生選手。
こちらも準優では萩原秀人を置き去りにしたくらい脚は良さそう。正直ここ数か月の瓜生選手は終わっちゃったのかなあ?と思うところもあったのですが、今節の気配なら買ってみたいですね。
3連単4点で勝負してみようと思います。

以上、ボートレースクラシック2018優勝戦の予想でした!

(PR)【全国24ヶ所の会場特徴を完全把握!】

PR担当の有田です。
今回はちょっと凄いですよ(笑)
競艇歴25年のベテランが”本気”で予想!

”予想士から届いた最も熱い情報を毎週お届け!”

----------------------
このように、競艇ライフには競艇歴25年のプロを始め
実力ある予想士が多数所属!
更に!競艇ライフが開発した人工知能ロボを使い、

過去の膨大なレース結果から絶対的な本命馬を導き出しています!
----------------------

▼無料でも濃い情報を毎週お届け!

圧倒的な的中率、そして厳選された買い目!

あらゆる面から導き出される自信の予想を是非お受け取りください!

ただし!

先着20名様と枠は少ないのでお早めのご登録をお勧めします!

■登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓↓↓ 無料登録 ↓↓↓

厳選された無料予想を今週から受け取る

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする