モーター初降ろし時期

ボートレースでは各競艇場ごとに60数基前後のモーターを管理しているのですが、1年1回必ずすべて新しいものに入れ替えが行われます。(ボートも同様に1年に1回入れ替えが行われます、モーターと同時だったり違う時期だったり、競艇場によってバラバラです)

現在使用されているモーターの初降ろし時期は以下の通り。

モーター初おろし時期一覧(2020/08/11現在)

  • 桐 生 2019/12/27~
  • 戸 田 2020/07/08~ new
  • 江戸川 2020/04/18~
  • 平和島 2020/06/15~ new
  • 多摩川 2020/05/24~
  • 浜名湖 2020/04/17~
  • 蒲 郡 2020/05/02~
  • 常 滑 2019/12/05~
  • 津   2019/09/01~
  • 三 国 2020/04/05~
  • びわこ 2020/06/10~ new
  • 住之江 2020/03/08~
  • 尼 崎 2020/04/17~
  • 鳴 門 2020/04/10~
  • 丸 亀 2019/11/21~
  • 児 島 2020/01/11~
  • 宮 島 2019/10/19~
  • 徳 山 2020/05/09~
  • 下 関 2020/03/16~
  • 若 松 2019/11/29~
  • 芦 屋 2020/05/30~
  • 福 岡 2020/08/01~ new
  • 唐 津 2020/08/11~ new
  • 大 村 2020/06/18~ new

私たちが使う車や電化製品などでも1~2年で壊れてしまうものがあるかと思えば、10年以上持つものもあったりと1台1台微妙に性能が異なるのと同じで、モーターも高勝率のものがあったり、低勝率のものがあったりと一基一基性能が異なります。

そこでHPや新聞、出走表などでは1.2着に好走した数字=連対率を「モーター勝率」として発表しています。数か月使用されると悪いモーターは20%台、いいモーターは40~50%程度に収束して来る事が多いですね。

ただし初降しからまだそれほど使用されて日にちが経っていないモーターは、たまたま腕のいい選手ばかりが乗り続けたりするとそれだけでいい数字になりやすいのでそのまま鵜呑みにしない方がいいでしょうね。

ところで開催初日の前日は「前検日」といって、選手は前日から競艇場に入り、そこでモーターとボートの抽選を行い整備を始めるんですよね。選手にとってはどのモーターを引くか?その開催の成績を大きく左右されますので緊張の瞬間です。

こちらは2017年02月に宮島競艇場で行われたGⅡレディースオールスターのモーター抽選会の様子です。

皆さん緊張した表情でガラポンを回してます。いいエンジン引いた選手は急に明るい表情になったり、他の選手から歓声が上がったり、一喜一憂が見られて面白いです。

ノーメイクでHPの写真と随分雰囲気の違う人が多いのはご愛嬌で!(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする