桑島和宏選手G1初勝利水神祭など2月12日の競艇雑感

元船橋競馬の名手、桑島孝治元騎手の息子、桑島和宏選手がG1初勝利など、2月12日の競艇を見ていて思った事があったので書き留めておこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

2月12日の競艇雑感

桑島和宏選手がG1初勝利で水神祭

現在江戸川で行われているG1関東地区選手権。

2月12日7Rで地元の桑島和宏選手がG1初勝利を挙げました。

1号艇でしたが、1マークは流れて差してきた西村勝選手に差し込まれてしまい逃げれず、しかし2マークで冷静に差し返して逆転での勝利となりました。

前半6等だった事もあったあまり人気もなく、1号艇1着ながら万舟券での決着でした。

過去に何度かG2江戸川大賞に乗ってるのを観た記憶があったのでちょっと意外だったのですが、G1はこれが初勝利で水神祭だったのですね。

お父さんは元船橋の騎手、桑島孝治さん。和宏選手がデビューして間もない頃は競馬記者に息子のレース結果を聞いて回っていたなんて話も聞いた事があります(笑)

最近はA1とA2を行ったり来たりの成績ですが、A1定着目指して頑張って欲しいですね。

大神康司選手がまた優勝を逃す

児島の優勝戦1号艇に乗っていた大神康司選手。

3連続優出と近況好調なのですが、2015年9月を最後に優勝からは遠ざかっています。

今回も前節に続いて優勝戦1号艇だったのですがまたしても優勝できませんでした。

前節の福岡では同県選手なのに今村暢孝選手ががっつり前づけしてきての深インと不運な敗戦でしたので、あれはちょっと可哀想でしたね。

今回は2号艇君島選手もスタート速くてこれを壁に逃げれるかな・・・と思っていたのですが、児島は5日目の準優で3艇フライングが出たばかり、優勝戦は速いスタートいけずスリットでは3号艇出畑選手が覗く形。

大神選手は先マイ打つも1マーク流れてしまい、2番差しの山一鉄也選手が届いてこちらが優勝となりました。

終わってみれば福岡選手の1.2.3着だったのですが、ここは何が何でも優勝したかったでしょうね。

それでも近況リズムはいいのでまた次節宮島とかでも注目して見てみたいです。

PR

倉谷和信選手がイン戦26連勝を達成!

戸田の準優12Rで倉谷和信選手がイン逃げを決めてこれでイン戦ではなんと26連勝を達成!

26連勝はすべて一般戦でのものなので、進入固定戦やシード番組も含まれてのものではあるのですが、この集中力は凄いですね。

かつて笹川賞では同期の上瀧選手を入れずにインを奪って逃げるも2マークで痛恨のターンミスでSG制覇を逃した事のある人ですが、そういう失敗が今に繋がってるのかもしれませんね。

今日の戸田優勝戦では2号艇でどんなレースを魅せるか!?

親子で競艇選手というのは珍しくはありませんが、父と娘というのは少なくてたぶん谷川宏之、谷川里江選手以来ですかね?

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする