展示航走の見方

ご存じの方の多いでしょうが、一応知らない方の為にも書きますと、ボートレース(競艇)では各レースが始まる前に必ず展示航走というものが行われます。

競馬でいうところの「パドック」、競輪でいうところの「選手紹介」、オートレースでいうとこの「試走」みたいなものですね。

時間帯はマチマチですが、朝のレースだと発売締切の15~20分くらい前、後半レースだと25~40分くらい前に行われる事が多いです。

当ブログの事前予想にはこの「展示航走」の情報が含まれていませんが、その内容によってオッズは直前に大きく動きますし、舟券を買うならなるべく展示を見てから買った方がいいでしょうね。

「展示航走」の見方は人それぞれだと思いますが、私の場合は以下のような点をチェックする事が多いです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

スタート展示の見方

スタート展示はピットからコース取り、スタート練習までの様子を見せてくれます。

私の場合、スタート展示では以下の点に注目してみる事が多いです。

まず注目はピット離れ
単純にピット離れのいい選手は出足がいい事が多いです。
コース取りに有利な事はもちろんですが、ピット離れが悪い好枠選手はコースを取られてしまう事もあるので注意が必要です。
またピット離れが悪いという事は一般的には出足型の反対=伸び型のモーターである事が多いのですが、ピット離れが悪い上に展示タイムも悪いとなると、それはもういいところがないモーターという事もあります。
レース展開や選手の技量にもよりますが、「下級クラスの選手がピット離れ悪く展示タイムも悪い」場合は舟券に絡む確率は大きく下がると思います。
(注レース中継ではカメラの角度によってピット離れが見やすい競艇場と見にくい競艇場があります。)

次はコース取り
誰も動く気配を見せずに進入が枠なりで収まりそうなのか?
強引に前づけしてコースを取りに動く選手がいるのか?
内よりに進入できなくても「コースを取りたい」と前づけの意志を見せる選手がいるのか?
外から前づけに来る選手に対して「入れないぞ」という意志を見せる選手がいるのか?などなど。
一般的にはこれで9割方「枠なりになりそう」とか「進入に動きがありそう」くらいの読みはできると思います。

ただし、中にはスタート展示はスンナリ枠なりに動きながら本番だけ突然前づけに来る選手もいます。これは選手のキャラによるところが大きいのでそういう前科のある選手を記憶していくしかありません。またそういうキャラの選手でもいつも前づけするかといえばそんな事はなくて、足に自信のある時だけ動くという事もあるので「選手のキャラ+モーターの気配」の両方を読む必要があります。さすがにこれを全部読み切るのは大変ですが、これもレースを予想する楽しさの一部かもしれませんね。

最後はスタート
まずはピット離れと同様にレバーを握りこんだ瞬間の動きに注目。舟の舳先が上下に暴れるのは出足が弱いモーターである事が多いです。特に1マークで差しを狙いたい選手なら割り引きたいですね。
ダッシュスタートの場合でも展示タイムが悪い時は少し割り引きが必要かもしれません。

スタートで最も注目したいのは「行き足」です。レバーを握りこんでから最高速に達するまでの比較をします。
「行き足」のいいモーターはレースにいくとターンマークを回った後にグっと出ていくような感じになります。コーナーで一瞬抜け出す事ができるので選手はレースがしやすいはずです。
「行き足」はオッズに直結しにくく、それでいてレースには繋がる事も多いので私個人は周回展示以上に注目する事が多いです。

1コースと2コース、2コースと3コース、ダッシュ同士・・・などスタート位置にもよりますが、同じような位置からスタートする選手との比較が有効ですね。
例えば1号艇と2号艇を比較して、スリット通過前は1号艇の方が前にいたのに1マーク近くでは2号艇の方が前にいれば「2号艇は1号艇と比較すると行き足がいい」と判断する事ができます。ただしスタート展示でフライングを切ってしまった選手、フライングしそうになってアジャストしてしまった選手は対象外です。
なかなか1度で全部を観るのは難しいので注目してる選手だけを観たり、リプレイが見れる時はそこで確認するなどするといいでしょうね。

「行き足」が飛び抜けてよく見えるモーターはそれほど多くはないので、今回ダメでも記憶しておくと翌日翌々日、或いは次節に狙うと思わぬ高配当に繋がるかもしれませんよ。

周回展示の見方

周回展示は各選手が原則2周回って舟足を見せてくれます。(水面が荒れて安定板着用時などは1周という時もあります)

「見せてくれます」と書きましたが選手自身にとってもレース前の最後の練習で、整備した足をチェックしたりする場でもあります。
なので「1マークは2周目にこそ選手の自信が現れる」と聞いた事があります。特に広くて波風の少ない日なら、2周1マークであまり落とさずに思いっきり握って回ってくる選手は自分の足に自信を持ってる事が多いのだそうですよ(その結果舟が暴れたりすようなら論外ですが)
ただ個人的にはそれが正解なのかは正直よくわからないんですよね。そういうターンをする選手の方が攻めるレースをしてくれるような気はしますが・・・

で、周回展示で私が最も見るべき点は「1号艇がブイ際スレスレをきちんと回れたかどうか」
競艇は圧倒的にイン有利。きちんと数字を出した事はありませんが、私の経験上ではインに入るであろう選手がブイ際スレスレをきちんと回れるとインの好走確率は高くなり、逆に2周ともターンマークを外して回るようだとインが負ける確率は高くなってると思います。実力が拮抗するレースでは1号艇から売れる事が多いのが競艇ですから、その1号艇が負ける、或いは1号艇が舟券圏外に飛ぶとわかれば高配当ゲットに近づくはずです。

もちろん2コースから外にインを負かせるだけの選手がいないと話になりませんので、実力差の大きい一般戦では使えない事もありますが、「初日ドリーム戦や選抜戦」や「最終日の選抜戦」「優勝戦」あとは上手な選手ばかりで行われる「G2」「G1」「SG」クラスのレースなど選手やモーターの実力が拮抗しやすいレースでは結構有効だと思います。

以上今回は私なりの展示航走の見方について書いてみました。
本当は他にも書こうとかなと思った事がいくつかあるのですが、とりあえず舟券に直結しやすい点は以上のような点かと思います。
(あまりいらっしゃらないとは思いますが)今まで展示を観ないで舟券買ってたよって人はぜひこういった点に注目して展示を見てみてはいかがでしょうか?
この記事が皆さんの舟券攻略に役立つようだと幸いです!

PR)無料情報で回収率プラス!?「OCEAN」嫁と子供と温泉旅行達成!

本日はこちらのサイトをご紹介。「OCEAN」です。
嫁と子供を旅行に連れて行くため日々競艇に奮闘しています。先日は子供に「早くいいところ連れてってよ〜!」と、言われてしまい全く頭が上がらない状況。(笑)
子供のためにも競艇で勝たなければなりませんでした。

しかし月間収支が全く伸びず…。競艇で私が負けるのは、賭け方の効率が悪かったり、展示タイムの良い順番にかけていたりと競艇を予想するには情報が少なすぎました。

競艇って「6艇なのに」全然当たらない!って方。

「それは6艇なのに」
ではなく「予想に関しての情報が少なすぎる」からです。

このサイトを偶然見かけて試しに登録してみました。ここから僕の予想が大きく変わりました。

無料でOCEANに登録する!

確認メールのURLクリックで登録完了!無料情報などがGETできます!

そのサイトとは「OCEAN」というところ。まずは的中実績をご覧ください!
■的中実績

無料情報にもかかわらずこの的中実績。
ちなみに僕もここの江戸川の無料情報を参考にして後のレースで早速2万舟を取ることができました!

さらに。


【転がし成功】
江戸川10R3連単4-5-2 5440円的中→12R2-1-3 3780円的中!
この中穴2本での転がし成功かなりすばらしいですよね!

この転がしは確実に取れるところを堅実に転がしています。OCEANさんはレース選びが的確!
●元レーサーやプロ予想家との関係を多数持っていて予想に関しての有益な情報を配信
●全国24場にスタッフを配置してリアルタイムな情報を配信

ちなみに僕はここを使って明らかに財布が潤って、嫁と子供を温泉に連れていきました(笑)
しかし子供が「温泉だけじゃなくてカニも食べたい!」と。。
どれだけ贅沢な子なんだ!!僕の競艇奮闘記はまだまだ続きそう。頼みます「OCEAN」様!(笑)

無料でOCEAN登録で予想情報を受け取る!

確認メールのURLクリックで登録完了!無料情報などがGETできます!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする