ボートレースクラシック 2017 4日目の予想(児島競艇場)

ボートレースクラシック2017開催4日目の予想です。開催3日目はオープニングカードで江夏満選手がSG初勝利の水神祭。10Rまでは向かい風で11Rと12Rは弱い追い風で行われました。風は初日ほどではなく、少し強くなったり弱くなったりの繰り返しで、モーターの相場も基本的には2日目の延長かなと思いましたが気配の変わった選手も出てきましたね。

フナコールールで各レースの1日の上がりタイムを評価すると以下の通りです。
本日以降は時間がないので簡単にまとめます。

ボートレースクラシック/3日目上がりタイムからのモーター評価

※1着タイムベスト3
1位12R石野貴之 1分45秒3
2位11R菊地孝平 1分45秒7
3位10R瓜生正義 1分46秒7

※2着補正タイムベスト3
1位11R毒島誠 1分47秒3
2位09R白井英治 1分48秒7
3位04R井口佳典 1分48秒2

※3着補正タイムベスト3
1位09R山崎智也 1分48秒9
2位01R太田和美 1分48秒9
3位02R服部幸男 1分49秒6

※4着補正タイムベスト3
1位05R平田忠則 1分49秒2
2位08R茅原悠紀 1分50秒4
3位02R篠崎仁志 1分50秒3

気になったところだけいくつか。

2日目1番の上りタイムをマークしたのはドリームメンバーの石野選手。好タイムが出たのは追い風で行われた最終Rという事もあったと思いますが、1マークで3番手以下を置き去りにしている安田選手の16号機を寄せつけない逃げ。実は昨日書き忘れていたのですが、2日目9Rの展示気配が非常によくて印象に残っていました。その時の展示では1マークV際を1番小さく回っていたのに展示タイムが抜けていておっ!と思ったんですよね。昨日の展示は見ていませんが昨日も展示タイムは2走共1番。ピット離れもいいしスタートも合ってるし、好仕上がりなんじゃないでしょうか。

その石野選手に5Rで競り負けたのが昨日も書いた平田選手。相変わらず行き脚がなくて決していいモーターではないのですが、昨日はピット離れがまずまずよくて、1マークでは捲くりを二段で喰らってるのにバック側で踏ん張って2マークで3番手争いまで浮上、2周1マークでは一旦は石野選手を内から交わして3番手まで浮上してましたから、やはり出脚系統はいいんでしょうかね。どこかで穴を開けそうな気がします。

ボートレースクラシック予想/03月18日

児島01R

◎02新田雄史
2連単 2 = 1456
3連複 2 → 46 → 1456
126 2連単280円 3連複400円的中

江口の前づけを入れた新田のセンター戦。

児島03R

◎03太田和美
3連複 3 → 46 → 12456
3連単 3 → 46 ⇔ 12456
314 3連複530円 3連単2.870円的中

大阪の賞金王トリオが揃って苦戦。3人の中で足はある方、太田の勝負駆けに期待。

児島08R

◎01太田和美
◯06桐生順平
3連複 16 → 2345
163 3連複560円的中

ここも太田の勝負駆け。

児島09R

◎05飯山泰
3連複 5 → 12 → 12346
126 はずれ

チルトを跳ねたり戻したりとかしてますが、初日から展示の気配はいい飯山。

児島12R

◯01井口佳典
三連単
346 → 1 ⇔ 23456
316 3連単17.670円的中

井口の57号機は握って回っていいモーターという気がしますがここはスタート遅い白井が2コース。外からの攻めに握って抵抗すればターンが流れて2.3着という妄想予想で2.3着固定で。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク